カレンダーって実は簡単に作れます

現在、日本で”普通”のパソコンを買うと標準搭載のMicrosoft Officeですが、”普通”はWord(ワード)やExcel(エクセル)のほかにPowerPoint(パワーポイント)もセットでついています。(Microsoft Office Home & Business Premiumの場合)
でも、わりと多くの方がPowerPointなんて要らんのやけどなー、または何するやつなん?、となります。

そこで、知ってる人は知っていた!PowerPointを有効に活用する方法をご紹介します!
というか、PowerPointに限らずOfficeソフトには様々な用途やデザインを提案する”テンプレート”という機能があります。
ほら、WordやExcelを起動したときに表示されるアレです。(2013バージョンから目立つようになりましたね。)エクセルの場合のアレ

そんな中から、今回はカレンダーのテンプレートについて紹介します。
以下は、2018年度カレンダー特集のテンプレートの一例です。(※要インターネット環境)
他にもシャレオツデザインが目白押し!
これらを用いれば、A4サイズなどのカレンダーが簡単に作れちゃうのです!
(もちろんA3プリンタをお持ちでしたら引き延ばして大きくできますよ!)

ではなぜ今回PowerPointと言っているかというと、カレンダー特集をご覧いただくとほとんどのカレンダーのテンプレートがPowerPoint用のファイルだからでした。
これらのテンプレートをPowerPoint(テンプレートのファイル形式によってはWordやExcel)で開いて、画像や内容を差し替えたり書き加えたりすることでオリジナルのカレンダーが簡単に作れます。

自分が主役の○ッテQ! カレンダー プロジェクトさえ可能になるのです!

とはいえ、操作がまったくわからない!という方は、ぜひパソコン教室をご予約ください!


参考リンク:2018 年度カレンダー 特集 – 無料テンプレート公開中(楽しもうOffice – Microsoft)
※リンクの表題は執筆当時のものです。