時間がきたら自動で通話終了するアプリ!

こんにちは!最近寒くなり、夜のマラソンの練習がつらいです。正木です。

夏は、暑くて練習つらいと思っていましたが、冬もやっぱりつらい(笑)

徳島マラソン2018

開催まで残り100日きりましたね!エントリーしたランナーのみなさん練習頑張りましょう!


さて、

今回は携帯電話の通話料金についての内容になります!通話料金を節約したいと考えている方におすすめのアプリを見つけましたので紹介もかねて、ブログに投稿したいと思います。

以前、当ブログでも紹介したカケ放題。みなさんカケ放題オプション加入していますか?

よく通話するという方はカケ放題のオプションに加入したほうが絶対にお得です。

OCNからトップ3かけ放題登場!-お得情報

がしかし、

各社が提供してくれているカケ放題プランは大抵の場合、5分~10分等の時間制限があり規定の時間を過ぎた場合は、通話料金が発生します

つまり、時間内に通話をいったん終了して再度かけなおすという方法が節約になるのです。

しかし実際は、話が盛り上がって時間を忘れてしまうこと・・・ありますよね。


そこで今回は、

規定の時間がきたら自動で通話を切ってくれるアプリを紹介します。

通話タイマー、通信量チェッカーで通話代、通信費を節約(節約サポート)

非常に長い名前のこのアプリ、Android専用の無料アプリです。

インストールしたら豚さんの貯金箱のアイコンがでました、さっそく起動してみましょう。

こちらがメイン画面です。通話設定をタップします。無料アプリなので下に広告がでます。

自動切断の時間を設定する画面です。

この場合、4分50秒が経過したら自動切断、切断1分前にバイブレーションで通知、という設定になります。

とはいえ、切断機能を利用するのはあくまで最終手段としての保険ですね。勝手に電話切るというのは本来とても失礼な行為ですので、先方様に不快な思いはさせないよう、くれぐれも注意したいと思います。

1分前の通知バイブレーションがきたら会話を終わる準備を開始して、会話は最後の挨拶をしっかりして終わるようにしたいですね!

ちなみに私が前回紹介した

・パソコン・スマホで運動の記録を保存して楽しむ!

GPS時計、これも1kmごとにバイブレーションでお知らせしてくれる機能があるんです、

画面に注目しなくてもいいのでとても助かっています。


1分1秒単位で指定することができるので、各社それぞれのカケ放題プランに合わせて対応可。その他には、カバンやポケットの中で勝手に発信していたというトラブルを回避するために発信前に確認画面が表示される誤発信防止機能ついています

フリーダイヤルにかける時は、自動切断しないという項目があるのもよくできていると思いました。

是非、試してみてはいかがでしょうか?