intel CPU第8世代とは?第7世代との違いは?

IntelCPUの第8世代が登場し、春モデルから第8世代が搭載されたパソコンが出荷されます。
ここでは主にノートパソコンにおける
第7世代のパソコンと第8世代のパソコンのCPUでは
どこが変わったのか簡単なポイントを紹介いたしますので
購入時の参考にして頂ければと思います。

第8世代と第7世代の一番大きな違いはCPUコア数の増加にあります。

CPU 7世代 i7-7500U 8世代 i7-8550U
コア数 2コア 4コア
スレッド 4スレッド 8スレッド
クロック周波数 2.70GHz(最大3.50GHz) 1.80GHz(最大4.00GHz)

簡単な表にするとこうなります。
前世代では2つしかなかったコアが倍の4つになっています。
それに伴いスレッド数も増加。
クロック周波数に関しては第7世代2.70GHz、第8世代1.80GHzと大幅ダウンしたように見えますが
第8世代ではコア数もキャッシュも倍増している上に
負荷が掛かった際のブーストクロックによる最大周波数では上回っているので
周波数だけで性能の優劣が決まる時代ではないという事ですね。

グラフィック性能について

CPU 第7世代 i7-7500U 第8世代 i7 8550U
GPU HD Graphics 620 UHD Graphics 620
クロック周波数 300-1050Mhz 300-1150Mhz

内蔵グラフィックスについては、クロック数が100Mhz伸びたくらいです。
あくまで内蔵のグラフィックはwindowsの補助的なものであり
第8世代になったからといって、重たいゲームが快適に動くようなことはありません。

結論

第8世代は複数の作業を同時にこなす使い方をする方にとっては
性能重視のCPUとして第7世代よりパワーアップしたと言えます。

ただ、4コアをフルに使う高負荷な作業をする方は
消費電力が第7世代よりも増加しているので
バッテリー駆動で負荷が掛かる使い方をする場合には
従来モデルよりバッテリー消費が早くなる可能性がありそうです。