フレッツ光プレミアム終了に向けて

フレッツ光プレミアムが2019年1月31日で終了します。
契約している方はネクストへ切り替えないと
2019年2月からインターネットに接続できなくなってしまいます。

来年の話をするとまだ先の事だと思われるかもしれませんが
余裕のある内に行動しておかないと
インターネットが使えない期間が長くなるかもしれません。

新しい機器をご自身で接続や設定を行えない場合は
出張設定を行う必要が出てくる事になると思います。
そうなると1月は駆け込みによるご依頼が多くなり
すぐさまお伺いする事ができない可能性があります。

2月に入るといよいよインターネットが繋がらなくなった方が
回線を切り替えていない事が原因だと判明し混雑する可能性があります。

NTT西日本フレッツの公式ページでは
切り替え申込をした後の流れで
工事日の決定→開通工事→パソコンの設定で「最短2週間から」とあります。
つまり、ギリギリで切り替えた場合は
インターネットに繋げない期間が発生するかもしれません。

全ての準備は前倒し

フレッツ光プレミアムの終了まで、まだ1ヶ月以上あると思っていては手遅れです。
やるべきことが決まっているのなら
早め早めに手を打っておきましょう。

ご自宅にある機器側面に「加入者網終端装置」もしくは「CTU」と記載されていたら
フレッツ・光プレミアムの契約であると思われます。

機械がどれかわからない方はこちらのサイト
https://flets-w.com/kirikae/check/
フレッツ・キリカエチェッカー
クリックして終了対象サービスかどうかをご確認下さい。

終了は事実、しかし詐欺にも注意

NTT西日本や契約しているプロバイダから光プレミアムの終了の連絡があった場合
普段警戒している人であれば、これは詐欺ではと思ってしまいます。
しかし、光プレミアムの終了は事実なので
対処せず放置していると来年2月からインターネットが使えなくなります。

そして警戒している方とは逆に
電話でサービスが終了するから違う会社にしないといけないと言われ
別会社と契約させられる詐欺も発生しています。

フレッツの光プレミアムというサービスが終了しますが
フレッツ光自体が終了するわけではありません。

一部の事実を織り交ぜられると
知らない人は詐欺に騙されやすくなります。

受けた電話口で対処すると相手は詐欺師かもしれません。
なので、自らNTTに電話するのが一番安心となります。

上記のフレッツ・キリカエチェッカーで対象となった方は
速やかに対処をお願い致します。

光ネクストへ切り替えた後にも
設定や設置がよくわからない
自分でやってみたがうまくいかないという場合は
お気軽にジョイメイトまでご相談下さい。