クレジットカードをGoogle Playで不正使用された時の対処法

こんにちは!毎日寒い日が続いてますね。インフルエンザも全国的に流行しているので体調管理には気をつけたいと思います。


先日ジョイメイト松茂店にこんなお客様が来店されました。

お客様の話を要約すると、

お客様「クレジットカードの請求書の明細を見ていたらよくわからない請求がある、インターネットの専門用語が分からないのでちょっと相談にのって欲しい。」

利用明細をお客様と一緒に、確認したところ

海外利用 1 「GOOGLE * ANIPLEX」9800円

と記載された請求が、2週間にわたりほぼ毎日あり、合計10万円以上の利用がありました。

お客様に、「これはGoogleという会社が運営しているインターネット上のマーケットで、ANIPLEXという会社が販売している商品を買ったという意味です。心当たりはありますか?」と質問したところ。

お客様自身は、これらの利用に全く覚えがないし、そもそも普段グーグルアカウントを使ってストアで買い物はしないという話でした。

自分で使った記憶がないとなれば、クレジットカードの不正利用の可能性が高いと私達は判断しました。

クレジットカード情報が盗まれ、他人に不正利用されている可能性が極めて高いです。すぐにカード会社に連絡をとって、請求の取り消し申請とカード情報の変更手続きを行って下さい。

すぐさま、お客様がカード会社に連絡をとったところ、

「調査します。調査には少し時間がかかります。」

という返答で、取り消しできるかどうかはカード会社の調査に委ねられることになりました。

カードの利用明細は、必ず確認するようにして下さい。

また、カード会社のサービスでカードを利用した時に、スマートフォンやパソコンに速報メールを送る機能もあるので活用しましょう。

クレジットカード会社の決済は、利用の翌々月に請求が確定し口座引き落としなので、請求が確定する前に発見、対処した方がいいでしょう。


少し話はかわりますが、ジョイメイトではどんな内容の話でも

大歓迎です!

ご質問や相談、何でもお問い合わせ下さい。


ちなみに、Google playについて少し調べてみました。

取引から65日以内であればGoogl playに直接報告して、請求の取り消しができるようです。

入口はこちら(※)画像はパソコン版です。

一番下の「サポートチームに請求について報告」をおします。

アカウントそのものを不正利用された場合は「はい」を選んで下さい。

クレジットカード情報のみを盗まれた場合などは「いいえ」を選択して下さい。不正利用されたカード番号を入力するフォームが開きます。

「はい」を選んだ場合は「問題を報告する」のオプションの中に

「この購入や請求に心当たりがない」

これを選んで送信しましょう。

2~3日以内にGoogleから連絡がくるようです。

不正請求の取り消しがうまくいったとしても、クレジットカード会社に連絡しカード情報の変更手続きは必ず行って下さい。

さらに、関係各所への通報・相談をおすすめします。

徳島県警察サイバー犯罪対策室

国民生活センター