本社と支店を同一ネットワークにできるVPN

VPN

こんにちは、ジョイメイト法人事業部です。

インターネットVPNは安価安全なデータのやり取りを可能にします

VPNとは

インターネット回線を利用し、二点間以上のネットワークを仮想的に同じネットワークに接続するサービスです

離れた支店にあるパソコン同士が、あたかも隣のデスクのパソコンのように連携をとりながら作業をすることが可能となります

本社と支社をつなぐために、以前は高額な専用線を使用していました。しかし、最近ではインターネット回線を利用し、安価で安全なデータのやり取りができるようになりました

この技術がVirtual Private Networkの頭文字をとって「VPN」と呼ばれています


インターネットVPNを行うために必要な機器や環境

インターネットVPNを構築するために必要なものとして

①各拠点のインターネット接続契約(光回線などの高速なものが望ましい)

②インターネットVPN対応ルーター(各拠点ごとに必要)

③社内配線

主に上の3つが挙げられます

RTX830

ジョイメイトおすすめ VPN専用ルーター

発売開始:2017年10月 希望小売価格:75,000円(税抜)

YAMAHA RTX830


購入や構築にかかる費用は?

①各拠点のインターネット接続契約は現在使われているものをそのまま利用します

②インターネットVPN対応ルーター×VPN接続拠点数必要です

③既存配線を利用しますが、必要に合わせて調査や配線の追加等施工いたします(別途料金がかかります)

税抜単価2拠点の場合3拠点の場合
YAMAHA RTX83052,000円104,000円156,000円
設定費用※80,000円~120,000円~
合計(税抜)184,000円~276,000円~

追加オプション

YAMAHAオンサイト基本保守(1年更新)12,000円24,000円36,000円
YAMAHA先出センドバック保守(1年更新)7,000円14,000円21,000円
無停電電源装置(BR400S-JP)15,000円30,000円45,000円

月々かかるランニングコストは今まで通りインターネット月額費用のみでVPNをご利用いただけます

※徳島県外等遠方の場合、公共交通機関を使用した移動費や宿泊費が発生いたします

※費用は、投稿時のものです


【導入事例】

徳島~大阪間

【導入目的】

徳島~大阪間の事務所同士を接続し、徳島本社にあるサーバーのデータやシステムを大阪支社から使用したい

【構成】

インターネットVPN対応ルーター(2台)

徳島本社と大阪支社にインターネットVPN対応ルーターを導入

県外など距離が離れていればいるほどインターネットVPNの効果は大きくなります

それぞれのパソコンは、インターネットVPN上で同じネットワークで接続されている為、遠隔地でもリアルタイムな情報共有ができるようになりました

また、双方にバックアップを取る事で、簡易的な災害対策を図る事ができます


「最近ネットワークの調子がおかしい」

「通信速度が遅くなってきた」

など、ネットワーク環境の確認だけでも結構です

お気軽にご連絡ください

お問い合わせ・ご連絡先

088-625-3988

ジョイメイト法人事業部