NAS導入で業務効率アップ

こんにちは、ジョイメイト法人事業部です。

NAS

NASは業務効率アップしてくれる便利な周辺機器です。今回のブログは、NASの機能紹介・導入メリット・導入費用をご紹介いたします。


NASはNetwork Attached storageネットワークに接続された記憶装置という意味でNASという略称がついています。

法人モデルのNASには複数のHDDが入っていてRAID構成できるものがあり、冗長性を保つことができます。

外付けハードディスクとの違い

外付けハードディスクは基本的にパソコンと1対1で直接接続して使用しています。

例えば、USB接続したハードディスクに保存したWordファイルを、2台以上のパソコンで編集したい場合、編集するたびにつなぎ換えが必要です。手間を考えるとUSB接続のハードディスクは、2台以上のパソコン間でのテータの共有には向いていません。

対して、NASはネットワークに接続します。1対多の接続が可能となり、複数のパソコンから同時に接続することができます。

NAS専用のHDDを使用しているのも特徴です。NAS専用HDDは、24時間365日電源がついていることが前提で設計されています。通常のHDDより耐久力が高く熱にも強いので壊れにくい


NAS導入のメリット

データの共有がしやすい、データを集約することでPCの入れ替え時も移行作業が楽、災害が発生してもNASを比較的社内の安全な場所に置いておくことでリスクが軽減する

・データの共有範囲を細かく設定できる、フォルダごとにアクセス制限が可能

故障に対しての耐性が強い、複数のHDDによるRAID構成やNAS自体のバックアップ機能も充実している

・NAS本体のみで保存ファイルのウイルスチェックが可能

長期保証有、機種によっては標準で3年、オプションで5年以上有

注意点

NAS用のバックアップHDDは必ず用意するしようにしましょう。NASの中に重要なデータを集め、更に一括でバックアップとることでデータ消失のリスクが軽減します。

(無停電電源装置)UPSはNASには必ずつけるようにしましょう。落雷・台風の影響で停電になったとしても無停電電源装置が安全にNASの電源を切るまでの時間を稼いでくれます。


NASのセキュリティ対策の重要性

NASはデータが集約されている場所です。それゆえNASが盗難被害のターゲットになることがあります。NASの設置場所は、施錠ができる部屋に設置しましょう

災害対策としては、NASの定期的なバックアップをとったHDDを離れた場所にある支店の金庫に保管するなども効果的です。

アクセス制限をかけるためのユーザー名とパスワードの管理もしっかりと行いましょう。社内で漏洩してしまうと、アクセス権限のない社員が不正にデータを盗みとることも可能です。定期的なパスワードの変更をしましょう。PCの電源をつけっぱなしで離席する時は、ログアウトするなど基本的な部分も大切です。

NASのアクセスログを監視・管理をする事も重要です。不正アクセスがあった場合に、原因の究明や被害範囲の確認に役立ちます。また不正なアクセスを検知した時に、管理者にアラートを出すこともできます。


導入にかかる費用例(税抜)

PC5台以上+高機能なら40万~。また、少し導入コストは高くなりますが、メーカーのNAS保守パックをつけることをお勧めします。万一NASにトラブルが発生した場合、24時間365日オンサイト修理なので、業務に影響が出る時間が短縮できます。

内訳価格備考
Buffalo TeraStation TS3410DN040498,000円~NAS本体 4TB・4ドライブ
NAS保守パック5年198,000円~24時間365日オンサイト修理
BUFFALO HD-LD4.0U3-BKA19,800円~NASバックアップ用HDD4TB
APC BE750M2-JP24,800円~UPS(無停電電源装置)
NAS設定及びネットワークの設定費用50,000円~ネットワークの規模・設定内容により異なります

 

5人~15人程度のオフィスでNASを導入する時の例です。その他、用途・予算に合わせて最適なご提案をいたします。お気軽にご相談下さい。

お問い合わせ・ご連絡先

088-625-3988

ジョイメイト法人事業部