これでもう一人じゃない!!?

コロナ禍で、飲食店の営業時間が短縮を余儀なくされたり、飲み会が開催できなくて、でもオンライン飲み会に抵抗があるので一人さみしく飲んでます。

そんな場合におすすめかもしれないのが、環境音です。

環境音とは

街の騒めきや、山や川の自然の音など、我々を取り巻くまわりの状況が発している音のことです。

それらはそこに居れば当たり前のように聞こえているけれども、目立った騒音でもなければ実は気になりにくく、むしろ全く音のない状況よりも集中を高めるとの研究もあるようです。

そのなかでも今回ご紹介するのは、とりわけ一人飲み会に適してそうなものです。

もちろん一人じゃなくても、場の雰囲気を盛り上げる演出に使えるかもしれません。

– 英語サイト

「I Miss My Bar」は英語のwebサイトですが、英語を読む必要は一切ありません。
「バーが恋しい」という意味。

使い方はいたって簡単、次の図の通りです。I Miss My Bar ガイド

画面右側の各項目の 再生ボタンをクリックすると、それぞれの環境音が再生されます。

バーテンダーがカクテルを作る音やお客の話し声、混雑時の喧噪など7種類の環境音が楽しめます。

全て再生すると大変賑やかですよ。

画面左側にはBGMの再生コントロールがあります。
BGMはマーベリックの店員が毎週選曲しているそうです。

BGMは Spotifyを利用しているようで、Spotifyに登録(そしてログイン)していない場合は20~30秒程度のお試し再生になるようです。

これにより、あたかもバーに居る雰囲気が醸し出されるので、独りで黙々と飲まなければならなくとも、周りに誰かがいるような雰囲気を感じることができるかもしれません

ただし、話しかけても誰も答えてくれないので、残念な気分にならないように不用意に話しかけたりしないでください。

逆に、独り言をどれだけ発しても誰も不快に思いませんので安心してください。

また、再生するスピーカーがショボい(980円とかの低音域がほとんど鳴らない)やつだと、臨場感が明らかに低くなりますのでご注意ください。

くれぐれもアリバイ工作なんかには使わないように。


このサービスは、メキシコに実在するお店の「マーベリック」とのコラボだそうです。
追記)※本物のマーベリックのWebサイトは、理由は分かりませんが落ちてしまったみたいです…。