Windows 10 バージョン 1903

先ほど、業務で使っているパソコンのWindows Updateを確認したところ、ついにバージョン 1903の案内が登場してしまいました。

しかし、以前であれば、この時点で自動的にダウンロードとインストールが進行してしまうところでしたが、今回は違うようです。

任意でインストールを開始できるようになっているもよう。
勝手にならなくて一安心といったところです。
※今後、自動的に適用されるようになるかもしれません。

バージョン1903の機能更新プログラム

バージョン 1903以降は、半期の大規模アップデートの適用を先延ばしにできるようになるらしいです。

サポート期限の終了が近くなった時点で再び案内する的なオプションが用意される、ようなことを書かれた記事を見たような気がします。
はっきりしなくてすみません。

ともかく、今後は更新のタイミングについて、ユーザーの意向が尊重されるようになるのは間違いないので、予期しないアップデート中に電源を切ってWindowsが壊してしまう(起動しなくなる)といった障害が減ることが期待されます。