Windows UpdateしたらWi-Fiがつながらなくなった

NEC製の一部のモデルで、Windows10 バージョン1903にアップデートすると、内蔵の無線LANアダプタが正しく動作しなくなる不具合が確認されています。

NEC製のパソコンで次の無線LANアダプタが搭載されている場合に症状が発生します。

  • Intel Centrino 6205/6235
  • Broadcom 802.11ac

弊社でも、主にCore iシリーズ搭載のモデルで症状が確認されています。
(既に数件の持ち込みアリ)

この件について、Microsoftが9月13日に正式に発表したもようです。

これにより現在、該当する機種にはバージョン1903が自動的に配信されないように、セーフガード措置が適用されているとのことです。

またMicrosoftが問題を認知したことにより、今後修正されることが期待されます。

症状が発生した場合

主に2つまたは3つの対処方法があります。

  1. デバイスマネージャーで無線LANアダプタを一度無効化し、再度有効化することで一時的に症状が解消します。
    ただ、パソコンを再起動すると症状が再発します。
  2. USB型無線LANアダプターなど、外部増設した無線LANアダプターを利用する。
  3. 有線(LANケーブル)によるネットワーク接続を利用する。

症状が発生したパソコンは、いずれ配信されるであろう修正版を導入するために、やはりインターネット接続が必要になるということです。

別の問題も

お使いのパソコンが該当する機種で、まだバージョン1903になっていない場合、現在セーフガード措置によりバージョン1903にはならなくて済む(症状が発生しない)わけですが、
もしそのパソコンのOSがWindows10 バージョン1803未満であれば、既にOSのサポート期間が切れているので論外となります。
※Windows8.1Updateバージョン及びWindows7 Service Pack 1バージョンは除く

Windows7については、2020年1月14日でサポート期間が終了することは、既に皆様もご存じのことと思います。

そしてWindows10 バージョン1803の場合、OSのサポート期間が2019年11月12日で終了となります。
それまでに、この件が解消されれば問題ありませんが・・・。

いずれにしても早急に解消されることを祈るばかりです。


Windows 10 バージョン 1903 の続き – 関連記事

Windows 10 バージョン 1903 の続き の続き – 関連記事