プリンタのトラブル ジョブ編

文書を作成したり、気になったWebページを印刷しようとすると

  • 印刷したいものと違うものが印刷されるのだけど!
  • ずっと前に印刷したやつが何回も出てくるのだけど!

のようなお問い合わせを、古くからよくいただきます。
その多くは年賀状シーズンですが。

それは多くの場合、うまく印刷ができなかった際に、何度も印刷を実行していることが原因です。

残念ながら、パソコンは融通が利かないため、印刷ボタンを押した回数だけ印刷ジョブ(印刷命令)が発行されてしまいます。
なので不要になった印刷命令は、印刷中止(キャンセル)をしておかなければ、印刷ジョブがなくなるまでパソコンはプリンタに印刷をさせようとします。
そしてプリンタの電源を切るなどしてその場は対処できたとしても、印刷ジョブはパソコン側が保持していますので、今回のお話のように後々忘れたころなどにそうなります。

そこで今回は、Windows 10の印刷ジョブのクリア(消去)の手順をご案内します。
なお現行のWindows 10では「キュー」と表現するようです。

印刷が変だ!というトラブルの内
  • 色が変だ!
  • スジが入る!
  • 汚れる!(用紙端などが)

などについては、また別のお話です。

印刷キュー(ジョブ)のクリア(Windows 10)

※Windows 10 Fall Creators Update (Windows Update 1709)での操作手順になります。
(バージョンによって変更になる可能性があります。)

  • スタート画面から 設定 を開きます。
    settei
  • デバイス をクリックします。
    clearjobs
  • プリンターとスキャナー をクリックします。
    clearjobs
  • お使いのプリンタ を選択します。
    clearjobs
  • キューを開く をクリックします。
    clearjobs
  • 印刷ジョブの一覧が表示されます。
    ここが真っ白でなければ印刷ジョブが残っているということです。
    (真っ白の場合は、ここまでの選択項目に間違いがなければ、未知の障害が発生しています。)
    続きの操作は、プリンター をクリックします。
    clearjobs
  • すべてのドキュメントの取り消し をクリックします。
    clearjobs
  • はい をクリックします。
    clearjobs
  • 一覧が真っ白になるまで待ちます。
    しばらく時間がかかることもあります。
    真っ白になれば残留ジョブは無くなりましたので、新たに行う印刷命令が実行されます。
    clearjobs

操作は以上です。
それでも解決しない場合は、別の障害が発生していると考えられます。


「プリンタのトラブル ジョブ編」に改名しました。
旧題:印刷が変だ!プリンタジョブの削除