Windows 10 Wi-Fiの設定方法

至る所で既出の内容ではありますが、Windows 10でのWi-Fi(無線LAN)の接続手順を紹介します。

例では Windows 10 Creators Update バージョンでの内容になります。
お使いのWindowsバージョンによっては、表示内容が多少異なる場合があります。

ネットワークのシステムアイコンをクリックします。Wi-Fi

画面の右下(画像の赤枠のあたり)にあります。
ここらへん

現場で通信が可能なWi-Fiの一覧が表示されます。
一覧

お持ちのルーターのWi-Fi名(SSID)を確認し、一覧の中から同名の項目を探します。
ルーター
ラベル・SSID 例では「Buffalo-G-DFAE」なので、同名のそれをクリックします。
接続 「接続」をクリックします。

「セキュリティ保護あり」と書かれている場合、ネットワークセキュリティーキーの入力欄が表示されます。

「セキュリティ保護なし」の場合は、そのまま接続が完了します。
余談ですが、外出先などで出処が明確ではない「セキュリティ保護なし」のWi-Fiは、むやみに利用しない方が安全です。

ルーターに記載されているネットワークセキュリティーキーを入力し、「次へ」をクリックします。
ラベル・Key例では Key と書かれている項目です。
アルファベットは大文字小文字の区別がありますので、記載されたとおりに入力する必要があります。
key入力 他にも 暗号化キー などルーターのメーカーによって名称が異なる場合があります。

「接続済み」になれば設定は完了です。
接続済みの図


途中で次のような画面が表示されることがあります。
ネットワーク探索のはいいいえの図自宅や、会社で許可されている場合は「はい」を、そうでない場合や外出先では「いいえ」を選びましょう。

先にも述べましたが、外出先などで出処が明確ではない「セキュリティ保護なし」のWi-Fiは、むやみに利用しないようにしましょう。
そのようなWi-Fiをご利用の場合は、危険を承知の上、どのような顛末を迎えようと自己の責任において行ってください。

この手順書は以上です。

ちなみに、スマホの場合はnetwork_wifiのようなアイコンの設定画面で、だいたい同じような流れの設定手順となります。


フリーWi-Fi利用の危険性と注意点 (読売新聞)