Win10のコントロールパネル

Windows 10 Creators Updateになったパソコンでは、
[Win] キー + X キー(または スタートボタンを右クリック)で表示されるメニューから 「コントロールパネル」の表記は消えてしまい、ついでに他の項目(アプリと機能など)も コントロールパネル形式では開かずに 設定アプリ 形式で開くように変わってしまいました。

win + X (cu)Windows 10 Creators Updateのメニュー

それまでは、Windows 8 からお馴染みの [Win] + X メニューの中に「コントロールパネル」が ありましたし、他の項目(プログラムと機能など)もコントロールパネル形式で開いていました。

win + X (old)Windows 10 Creators Update以前のメニュー


以下では、Windows 10 Creators Update での「コントロールパネル」の開き方の手順を紹介します。

ctrl01
スタートボタン」をクリックします。

ctrl02
アプリの一覧を下へスクロールして「Windows システム ツール」をクリックします。

手順3
ここに「コントロールパネル」があります。

手順4
さらに「コントロールパネル」をデスクトップ画面にドラッグ&ドロップすることで、 デスクトップ画面にリンク(ショートカット アイコン)を作ることができます。
これでいつでも「コントロールパネル」を開くことができますね。

この他、「 スタートボタン」の右に出てくる「ここに入力して検索」に
「コントロールパネル」と入力することでも開くことができます。

この手順書は以上です。


ディスプレイ設定や個人用設定など、既にコントロールパネル形式から 設定アプリ形式に 変更された機能もありますように、今後もバージョンアップごとに徐々に 設定アプリ形式へと 変更されていくでしょう。
最終的にはコントロールパネルは無くなってしまう時が来るのかもしれません。

余談ですが、次期バージョンアップ(Fall Creators Update)からは、あの「ペイント」が無くなるそうです。
(結局無くなっていません。日本語版だけ?)