長いファイル名にご注意ください!

まえがき

近頃、小容量の内蔵用ハードディスクの需要があまりありません。
500GBのAFTタイプのHDDなどです。

小容量でなければ使えない古いパソコンには、非AFTタイプのHDDでなければならず、現在は新品ではほとんど流通していないためです。

そしてAFTタイプのHDDが使える機種であれば、そんな小容量のHDDに交換するくらいあれば、同じような金額でSSDに変えた方が良いに決まっています。
ここ数年の普通に購入したパソコンであれば、HDDは1TB以上のものが搭載されていますから、わざわざ少ないHDDに交換するくらいなら、HDDと同じ価格帯のSSDは容量は少なくなってしまいますが、SSDになさった方がパソコンも劇的に速くなりますし、耐久性も抜群です。

なので、余剰パーツとなっている500GBなどのHDDを、外付けHDDキットに入れまして、弊社オリジナルの外付けHDDとして安価に販売しています

そして今ならなんと、
お求めいただいた方でご希望の方に、データバックアップソフトの設定や操作を無料でご案内いたしております。

この作業を承るようになって、エラーが出てバックアップできないファイルが頻出するといった事態を、頻繁に目にするようになりました。

長いファイル名にご注意ください!

前述のとおり、お客様のデータのバックアップをとっている時、「ファイルが見つかりません」のようなエラーが多発することがあります。

履歴を見てみると、文字列が長すぎて大きい画面でも画面外に見切れてしまい、ファイル名を確認することができません。

データの記憶媒体、ファイルシステムにもよりますが、長い名前のデータが取り扱えない場合があるといいます。

難しい話は省略しますが、ファイル名に付けられる具体的な文字数は250文字までとなっています。
難しい話が知りたい方は、「ロングファイルネーム」で検索してみてください。

しかしながら、250文字もの長いファイル名を付けるということは現実的には難しいのではないでしょうか。

文字数の制限事項は他にもあった。

実は、ファイル名の文字数制限とな別に、そのファイルのあるディレクトリ(フォルダ)までのパスも含めて259文字までという制限があるのです。
パスとは、ドライブ名から始まるすべてのディレクトリ名を指定することです。

例えば、ジョイメイトでは定番のユーザー名「PCUSER」の iTunes に、
鈴懸の木の道で「君の微笑みを夢に見る」と言ってしまったら僕たちの関係はどう変わってしまうのか、僕なりに何日か考えた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの
という、AKB48の曲が入っているとすると、パスは次のようになる可能性があります。

C:\users\PCUSER\Music\iTunes\iTunes Media\(AKB48) 鈴懸(すずかけ)の木の道で「君の微笑みを夢に見る」と言ってしまったら僕たちの関係はどう変わってしまうのか、僕なりに何日か考えた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの\鈴懸(すずかけ)の木の道で「君の微笑みを夢に見る」と言ってしまったら僕たちの関係はどう変わってしまうのか、僕なりに何日か考えた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの.mp3
(217文字)※推定です、実際に試したわけではありません。
なんとPCUSERのiTunes Mediaに入っている時点で41文字使っています。

ちなみに、ファイル名の文字数に半角または全角かどうかは関係ないそうです。
※ファイルシステムによっては区別があるようです。

他にも、フォルダを細かく(しかも長い名前で)分けて、階層構造(入れ子)にしてしまっていると問題が発生する可能性があります。

でも、デスクトップにフォルダをいくつも重ねたりして、わざと文字数超過を再現しようとすると、(画像のように)エラーが出て制限を超えられません。
対象のパスが長すぎますしかし実際にバックアップ時にはエラーが出ることから、どうやらこのような制限を無視できてしまうようなアプリがあるようなのです。
曲名が長い場合があるせいか、音楽アプリにその傾向があるような気もします。

さらにはどうやって制限を超えたのかわかりませんが、ファイルが開かなくなったり、名前の変更をしようにもできなかったり、削除すらできなくなっているようなケースもあるようです。

Windows10 バージョン1608以降では、システムの設定を変えて制限を解除することもできるようですが、結局使いたいアプリが制限を超えられないと何の意味もないどころか、理解した上で行わなければ不具合の元にもなりかねません。

まとめ

  • 通常、ファイル名は250文字まで付けられる。
  • それとは別に、そのファイルが存在するフォルダまでのパスも含めて259文字までという制限がある。
    例)デスクトップにあるexsampleという名前のExcelファイルであれば、
    C:\Users\(ユーザー名)\Desktop\exsample.xlsx のように太字部分も含む。
    この場合、ファイル名は8文字(拡張子を入れると13文字)ですが、パスも含めると31文字+ユーザー名の文字数ということになります。
  • 制限数を超えるとき、エラーが出てキャンセルされる。
    最悪の場合、開くことができなくなったり、削除出来なくなることもある。

以上、長いファイル名にご注意ください!